別府温泉★大分県

スポンサードリンク
「にっぽんの温泉100選」

6 別府温泉 大分

府温泉(べっぷおんせん)は大分県別府市(旧国豊後国)にある温泉。




別府 亀の井ホテル
市街地に位置し観光の拠点として最適なリゾートホテル。




別府観海寺温泉 杉乃井ホテル
アミューズメントも充実の高台のスパ・リゾート




別府温泉 ホテル白菊
豊かな心と料理でおもてなし 明日への元気を貴方へ!癒しの空間を貴女へ! ホテル白菊はお客様をお待ちしています。




別府温泉 天寿荘
和風温泉旅館、食事処として料理に力を入れています。


温泉情報
交通アクセス アクセスの項を参照のこと
泉質 単純温泉、塩化物泉、硫黄泉など
湧出量 137,040KL(/日)



別府温泉
竹瓦温泉
駅前高等温泉別府温泉は、JR別府駅東側にあり別府を代表する温泉街。駅に近く交通の便がよい。単純泉、食塩泉、重曹泉、重炭酸土類泉など多数の温泉が湧き、各泉質に応じて効能がある。温泉街は別府八湯の中では最も歓楽的な要素が強く、夜になれば飲食店や風俗店のネオンが煌く。

地元民を対象とした町内会経営の共同浴場も多く、観光客も利用できる。その中のひとつ、別府駅近くの入母屋破風風の外観を持つ共同浴場『竹瓦温泉』では、温泉のほかに砂湯(温泉で温められた砂を体にかけてもらう)が楽しめる。竹瓦温泉と竹瓦小路木造アーケードは、「別府温泉関連遺産」として、2009年(平成21年)2月6日に近代化産業遺産に認定されている。



歴史
古代の「豊後国風土記」や「万葉集」には、現在の血の池地獄にあたる「赤湯の泉」や「玖倍理(くべり)湯の井」等についての記載があり、当時からこの地に温泉があることは広く知られていたが、荒地や沼地になっており、整備されていなかった。

別府温泉と柴石温泉は古くから湯治場として利用されていた。鉄輪温泉と浜脇温泉は鎌倉時代には湯治場があった。江戸時代には街道や船便が整備され、八湯での庶民の温泉湯治が一般的になった。また、湯治生活の必需品として炊事に用いる笊などの竹製品や、櫛などのつげ細工の生産がこれらの地域で盛んとなり、工芸品としても発達した別府竹細工は、1979年(昭和54年)通商産業大臣によって伝統工芸品に指定されている。

明治時代、油屋熊八により別府地獄めぐりなどが整備され、観光客を集めるようになった。また油屋熊八が温泉マークの発明者という説も存在している。

温泉都市として発達した別府市は1950年(昭和25年)に国際観光文化都市の第1号として国際観光温泉文化都市に指定され、鉄輪、明礬、柴石の各温泉は1985年(昭和60年)3月19日に国民保養温泉地に指定された。

戦後、鉄輪温泉の湯治場の数は減少傾向にあり、施設の老朽化も進んでいる。国民の余興と娯楽の多様化も原因の一つであるが、ボーリングによって各地に様々な温泉施設が誕生したことも影響する。しかしながらこれだけの温泉群が密集するのは、全国的にも珍しい地区であり、平成になって韓国などの日本国外からの利用客が増加し、そのかたわらで活性化を図るため、地域の豊富な資源や人材を活用した新しい模索や試みも行われている。
ウィキペディアより


スポンサードリンク
Copyright (C) 旅行★観光 温泉 ホテル・旅館 ガイド. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。