指宿温泉★鹿児島県

スポンサードリンク
「にっぽんの温泉100選」

3 指宿温泉 鹿児島(いぶすき温泉)

指宿温泉(いぶすきおんせん)は、鹿児島県指宿市東部(旧国薩摩国)にある摺ヶ浜温泉(砂むしで有名)、弥次ヶ湯温泉、二月田温泉などの温泉群の総称。




指宿温泉 指宿ロイヤルホテル
“海の風”を感じるならやっぱり最南端の指宿へ 海の温泉地指宿!天然砂風呂に入って!・・大満足!




指宿温泉 指宿いわさきホテル
三世代同時に楽しめる本格的温泉リゾートホテルです。




指宿温泉 指宿白水館
ゆったりとした松の庭園 元禄風呂・砂むし温泉 雅の宿




指宿温泉 指宿フェニックスホテル
庭園には四季を問わず南国の花が咲き乱れております




指宿温泉 休暇村 指宿(いぶすき)
温泉の湧く南国パラダイスリラックスリゾート。休暇村オリジナル「びわの葉入り砂むし温泉」も大好評



温泉情報
所在地 鹿児島県指宿市東部
交通アクセス JR鹿児島中央駅から指宿枕崎線で約1時間。鹿児島空港から直行バスで約1時間35分
泉質 塩化物泉(ナトリウム)
泉温 82 °C
湧出量 12万トン(/日)

温泉街
特に砂むしで有名な摺ヶ浜付近に大規模な宿泊施設が集中している。


歴史
「指宿」の名称は「湯豊宿」に由来すると言われているが別の説もある。江戸時代以前は高温の温泉や噴気口が点在する湿原であり危険な場所とされていたが、麻の加熱処理や炊事用、浴用として古くから利用されていた。江戸時代後期の地誌『三国名勝図会』にも多くの温泉が紹介されている。

明治以前は自然に湧出する泉源を利用するのみであったが、地面を数m掘削することにより容易に温泉が得られることから広範囲にわたって開発が進められた。特に1919年(大正8年)頃から1955年(昭和30年)頃にかけて温泉熱を農業や製塩に利用するために地下から大量の湯がくみ上げられ、古くから使われている泉源の枯渇や温度低下などの問題が多発した。このため新たな温泉源の探索が行われ、1957年(昭和32年)に地下200-300mの新たな温泉地層が発見され利用されるようになった。1964年(昭和39年)以降、温泉の製塩への利用は禁止されているが、農業や魚の養殖への利用は現在も行われている。

高度経済成長以降、大規模なホテルが建設されるなど観光地としての開発が進み、日本国内および海外から多くの観光客が訪れるようになった。1982年(昭和57年)から毎年1月の第2日曜日に指宿温泉マラソン(1984年からいぶすき菜の花マラソン)が開催されるようになり、毎年1万人以上の参加者を集めている。
ウィキペディアより


スポンサードリンク
Copyright (C) 旅行★観光 温泉 ホテル・旅館 ガイド. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。