旅行★観光 温泉 ホテル・旅館 ガイドTOP ≫  日本の温泉100選

日本の温泉100選

スポンサードリンク

別所温泉★長野県

「にっぽんの温泉100選」

63 別所温泉 長野(べっしょ温泉)



別所温泉 上松屋旅館
平日はお一人様歓迎。山の幸オリジナル会席料理が自慢。



別所温泉 別所観光ホテル
緑豊かな信州の山に囲まれ、展望の良い露天風呂のあるゆったり静かで落ち着いた隠れ家的な宿


別所温泉
温泉情報
所在地 長野県上田市
交通アクセス 鉄道:長野新幹線(しなの鉄道)上田駅にて、上田電鉄別所線に乗り換え、終点別所温泉駅下車
泉質 硫黄泉

温泉街
共同浴場を中心に栄え、現在も3つの共同浴場「大湯」、「大師湯」、「石湯」が存在する。大湯は木曽義仲、大師湯は弘法大師、石湯は真田幸村ゆかりの湯として知られている。

江戸時代には更に「長命湯(玄斉湯)」、「久我湯」が有ったが現存はしない。


歴史
その歴史は古く、伝説では景行天皇の時代、日本武尊の東征の折りに発見されたといわれている。

平安時代に清少納言が随筆「枕草子」(能因本)において「湯は七久里、有馬の湯(兵庫県)、玉造の湯(島根県)」(三名泉)と賞賛している「七久里」(ななくり)は、この別所温泉のことを指すという説もある。

平安時代末期には木曽義仲が入浴したとも言われている。

鎌倉時代には、周辺の塩田平を本拠とした信濃北条氏(塩田北条氏)建立による国宝八角三重塔を有する安楽寺や、北向観音などの古い社寺仏閣が多いことから、「信州の鎌倉」と呼ばれている。

鎌倉時代には、また信濃御湯として、名取御湯、三函御湯または犬養御湯とともに三御湯に数えられた。
ウィキペディアより


東山温泉★福島県

「にっぽんの温泉100選」

64 東山温泉 福島



東山温泉 庄助の宿 瀧の湯
【プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選】★★『12年連続受賞の宿』★★ 予算や目的に合ったプランが人気♪




会津東山温泉 くつろぎ宿 不動滝
土方歳三が傷を癒した自家源泉掛け流し。姉妹館2館への湯めぐりも可。



会津東山温泉 くつろぎ宿 千代滝
会津若松市街を一望できる「展望大浴場」、70種類の地酒を揃えた「地酒の館」が自慢。姉妹館【新滝】への湯めぐりも可。


東山温泉
温泉情報
所在地 福島県会津若松市
交通アクセス 車:磐越自動車道会津若松ICより約20分
鉄道:磐越西線会津若松駅よりバスで約15分
泉質 硫酸塩泉

温泉街
南東北を代表する会津若松の奥座敷として発展してきた歴史ある温泉街で、鶴ヶ城や市役所等の中心部からも近い山間の川沿いに古くからの旅館が立地している。 現在では珍しくなった芸妓が活躍しており、「からり妓さん」として温泉街に花を添えている。 会津藩松平家の別荘から発祥した「新滝」、会津藩指定保養所の歴史を持つ「向瀧」、新撰組副長・土方歳三が戦傷を癒した源泉を持つ「不動滝」など、滝の付く名称の旅館が多く、湯量は豊富。 温泉街では毎年8月のお盆の季節に「会津東山温泉日本一の盆踊り」と題した祭が実施される。


東山四大滝
伏見ヶ滝温泉街の近くには多くの滝が存在し、中でも以下の滝は『東山四大滝』と言われている。

雨降り滝
原滝
向滝
伏見ヶ滝

歴史
開湯は、1990年を基点として、およそ1300年前に行基により発見されたことによる。 なお、この発見には「三本足の烏に導かれた」というエピソードが添えられている。 その後江戸時代には会津藩の湯治場として栄えるに至った。
ウィキペディアより

かみのやま温泉★山形県

「にっぽんの温泉100選」

65 かみのやま温泉 山形



かみのやま温泉 日本の宿 古窯
【プロが選ぶ日本のホテル旅館100選】にて、企画「第1位」総合「第3位」を受賞。楽天トラベル2年連続アンケート大賞受賞。



かみのやま温泉 彩花亭 時代屋
選べる浴衣がお楽しみ。離れのお風呂は蔵座敷。




上山温泉 菊屋ホテル
書院風、数奇屋造りの純和風。ガンコなまでにクラシック!


温泉情報
所在地 山形県上山市
交通アクセス 鉄道:山形新幹線 かみのやま温泉駅下車
泉質 塩化物泉

温泉街
温泉街は湯町、新湯、十日町、河崎、高松、葉山、金瓶の7地区から構成されている。そのため、各地区をそれぞれ個々の温泉とみなし、しばし上山温泉郷とも表現される。

温泉街では湯巡手形を発行している。温泉街には100円で入場できる7軒の共同浴場(湯町の湯、新湯・澤の湯、葉山共同浴場、二日町ふれあいの湯、中湯、下大湯、新丁・上の湯)が存在する。

温泉街の存在する月岡神社では、毎年10月中旬に上山菊まつりが開催され、数多くの菊が展示される。


歴史
開湯は長禄2年である。肥前出身の旅の僧侶・月秀が、温泉で傷を癒している鶴を発見したとされる。そのため、古くは「鶴脛の湯」の別名があった。

江戸時代には当地に上山城および上山藩が置かれ、温泉地としてのみならず城下町としても繁栄した。

近年は、山形新幹線の駅名に合わせて、ひらがなの表記「かみのやま温泉」が用いられることが多い
ウィキペディアより

河口湖温泉★山梨県

「にっぽんの温泉100選」

66 河口湖温泉 山梨



河口湖温泉 富士ビューホテル
正面に富士山、庭続きに河口湖と景観に恵まれ広大な庭園をもつ本格的リゾートホテル




河口湖温泉 ガストホフ クレッシェンド
誕生日や記念日にピッタリ!プラネタリウム付ジャグジー&スチームサウナ付薬用温泉共に貸切無料。ダーツバーあり



河口湖温泉 ロイヤルホテル河口湖
温泉好きも絶賛!湖畔の風吹き抜ける庭園風露天風呂など3種の【開運の湯】は滞在中何度でも入り放題♪



河口湖温泉 湖山亭うぶや
■美しい富士と湖が客室全室、大浴場、露天風呂からご覧いただけます。
■料理は旬の食材を取り入れた季節替り会席料理。


河口湖温泉
泉質 :カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
浴用の適応症 :神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ
くじき・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進・動脈硬化
切り傷・火傷・慢性皮膚病

富士山の麓で1日中のんびり。
思いっきり遊んで温泉で汗を流す。
どちらもいいですね。

スポンサードリンク
Copyright (C) 旅行★観光 温泉 ホテル・旅館 ガイド. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。