旅行★観光 温泉 ホテル・旅館 ガイドTOP ≫  日本の温泉100選

日本の温泉100選

スポンサードリンク

祖谷温泉★徳島

「にっぽんの温泉100選」

75 祖谷温泉 徳島(いや温泉)


温泉情報
所在地 徳島県三好市
交通アクセス JR四国土讃線阿波池田駅からバスで約50分
泉質 単純硫化水素泉
宿泊施設数 1

温泉街
ホテルが一軒だけ。一軒宿の露天風呂は谷底にある。そこへケーブルカーで下っていくようになっている。
ウィキペディアより


鶯宿温泉★岩手

「にっぽんの温泉100選」

76 鶯宿温泉 岩手(おうしゅく温泉)



鶯宿温泉 ホテル偕楽苑
夕食はお部屋で!解放感たっぷりの大浴場と水車小屋が見える露天風呂がある和風数奇屋造りの宿



鶯宿温泉 ホテル森の風 鶯宿
岩手山一望の空中露天風呂は、安らぎと潤いの四季のパノラマ※ 盛岡駅西口より無料シャトルバス完備



温泉情報
所在地 岩手県岩手郡雫石町
交通アクセス 鉄道 : JR秋田新幹線雫石駅よりバスで約25分
バス : JR・IGR盛岡駅東口から岩手県交通バス鶯宿温泉行きで約1時間
車 : 東北自動車道盛岡ICから国道46号線経由で約35分
泉質 硫黄泉
泉温 57 - 62 °C
宿泊施設数 23


温泉街
鶯宿川の両岸に、23軒のホテルや旅館、民宿が立ち並ぶ。規模の大きなホテルから、自炊部を備えた湯治を行える旅館まで存在する。

温泉街にはけんじワールドという屋内に海岸を再現した遊泳施設が存在し、温泉施設も併設されている。

温泉街に共同浴場は存在しない。


歴史
開湯は天正年間の頃、約450年前とある。湯量の豊富な温泉であり、開湯伝説によれば、ウグイスが川床で傷を癒しているところを加賀国から移住してきた木樵「加賀助」と名乗る男が発見したと伝えられ、以後は近郷の僧侶の助力もあり、庶民の湯治場として整備し、ウグイスの伝説に因み、鶯宿と名乗るようになった。

戦後は、盛岡市の急速な都市化に伴い、奥座敷としても発展していった。今日では昔ながらの湯治場のスタイルと比較的大規模な旅館が林立する行楽温泉の二面性を持っている。
ウィキペディアより
温泉旅館で疲れを癒そう。激安旅行に行きたい。みんなで温泉旅行にいきました。温泉で温まったら血行も良くなります。温泉でお肌つるつるになりましょう。温泉大好き!!!できれば安く温泉旅行に行きたいですね。温泉宿を紹介しています。

皆生温泉(かいけ)★鳥取

「にっぽんの温泉100選」

77 皆生温泉 鳥取(かいけ温泉)

皆生温泉は、鳥取県の西の端、島根県と県境を接する米子市に 位置し、日本海に面した海辺の温泉郷です。白砂青松の海岸線と中国 地方最高峰の国立公園・大山に育まれた当温泉地は、ロケーションに 大変優れています。


皆生温泉 華水亭
静けさの中で心の休日をお過ごし下さい。



皆生温泉 皆生グランドホテル天水
展望大浴場から四季折々の日本海の風情をお楽しみ頂けます


温泉情報
所在地 鳥取県米子市
交通アクセス JR山陰本線米子駅から5km、日交バス・日ノ丸バスで19分(280円)、タクシーで15分。バスの便も多い
他の交通手段についてはアクセスまたはバス路線詳細を参照
泉質 塩化物泉
液性の分類 中性
浸透圧の分類 高張性

温泉街
米子市街の北東部、住居表示で言えば「皆生温泉1丁目〜4丁目」に当たるがホテル・旅館が立ち並ぶ温泉中心街は「皆生温泉3・4丁目」にあり、1・2丁目はほとんどが住宅街である。また白砂の美しい弓ヶ浜沿いにあり、夏季には海水浴場となる。湯上りの散策に好まれる温泉街は、東には美保湾越しに大山がよく見えて「日本の朝日100選」に選定されているほか、「日本の夕日100選」、「日本の渚100選」、「日本の白砂青松100選」、「都市景観100選」にも選定されている。浜の内側には大きな温泉旅館やホテルが浜に沿って一直線に立ち並ぶ。旅館街の裏側には、飲み屋・飲食店・風俗営業の店が集まり、夜にはネオン街となる。


歴史
温泉の歴史はさほど古くはなく、1890年(明治23年)に地元の一漁師が海中に温泉が湧いているのを発見し、それを泡の湯と名付けた。大正時代に入り地元の土地会社が目を付け、温泉地として開発した。第一期工事が完了したのは1924年(大正13年)である。戦後は団体客が多く訪れるようになり、今日に見られるような温泉街に発達する。一方で歓楽温泉から健康的な温泉へイメージ変化を図っており、1978年(昭和53年)には弓ヶ浜に海水浴場を整備、1981年(昭和56年)には日本で最初のトライアスロン競技が開催され、その発祥の地として毎年大会を開催している。その他スキー、キャンプ、登山、釣りなどの拠点としての開発も行っており、その他イベントの開催や郷土文化の伝承、来訪者の手形を嵌め込んだ海岸遊歩道の整備など様々な試みが行われている。

なお、1925年(大正14年)〜1938年(昭和13年)には米子電車軌道という路面電車が米子駅前と温泉を結んでいた。
ウィキペディアより

瀬波温泉★新潟

「にっぽんの温泉100選」

78 瀬波温泉 新潟

観光協会によると・・・

瀬波温泉は、明治37年に石油掘削中に熱湯が噴出したもので、豊富な湯量と温度(95℃前後)の熱さが自慢。

鯛の島、粟島を眼前に、清澄な日本海と緑豊かな松林の続く海岸は、白砂青松の言葉がぴったりの海水浴場としても知られ、とりわけ旅館やホテルから水着姿でとんでいける素晴らしさは、まさに夏のビーチリゾート。

城下町・村上の歴史と文化
     新鮮な山海の味覚が魅力の温泉です。



瀬波温泉 ホテル瀬波観光
全室海側のため、日本海に沈む夕陽が楽しめる海辺のリゾートホテル



瀬波温泉 夕映えの宿 汐美荘
和室全室オーシャンビュー。海に面した浴場フロアー「夕映え温泉海道」が誕生。源泉100%貸切風呂もございます。


温泉情報
所在地 新潟県村上市
交通アクセス 鉄道:羽越本線村上駅下車。タクシーまたはシャトルバス利用(村上駅より15〜30分)
泉質 塩化物泉
宿泊施設数 11

温泉街
11軒の旅館が存在する。日本海に面しており、黄金崎不老不死温泉などと同様に、日本海に沈む夕日が有名である。秋にサケが遡上することで有名な三面川(みおもてがわ)が村上市内を流れていることから、各旅館などでは、名物の各種サケ料理などを夕食時などに味わうこともできる。

このほかに日帰り入浴施設として「野天風呂湯元龍泉」が存在する。

歴史
開湯は明治37年である。豊富温泉、羽根沢温泉、月岡温泉などと同様、石油試削中に発見された。与謝野晶子が訪れたこともある。
ウィキペディアより
スポンサードリンク
Copyright (C) 旅行★観光 温泉 ホテル・旅館 ガイド. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。