旅行★観光 温泉 ホテル・旅館 ガイドTOP ≫  日本の温泉100選

日本の温泉100選

スポンサードリンク

妙見温泉★鹿児島

「にっぽんの温泉100選」

79 妙見温泉 鹿児島



妙見温泉 薩摩隼人 妙見ホテル
すべて飲める掛け流しの温泉(炭酸ラムネ)。露天風呂等8ヵ所の温泉めぐり。夕食は部屋食。



妙見田中会館
樹木が青々と覆い繁った静かな中に建つ旅館です。温泉は、自然湧出で掛け流しの湯量豊富な温泉です。


温泉情報
所在地 鹿児島県霧島市隼人町・牧園町
交通アクセス 詳しくはアクセスの項を参照のこと
泉質 炭酸水素塩泉
液性の分類 中性
浸透圧の分類 低張性

温泉街
天降川(あもりがわ)の河畔に旅館が集まっている。温泉街というほどの規模はないが、自然が豊かで各旅館とも露天風呂に力を入れており、近年は人気の高い温泉地の一つになっている。離れを持った超高級旅館などもあるが、元々は湯治場であり、自炊宿も多い。

歴史
1895年(明治28年)の開湯で、妙見神社の旧跡から発見されたことに因む。

1967年(昭和42年)10月19日 - 厚生省告示第420号により、隼人・新川(しんかわ)渓谷温泉郷の一部として国民保養温泉地に指定。
ウィキペディアより


那須温泉★栃木

「にっぽんの温泉100選」

80 那須温泉 栃木

那須温泉郷(なすおんせんきょう)は、栃木県那須郡(旧国下野国)にある那須岳(活火山)の周辺に点在する温泉の総称(温泉郷)で、俳人松尾芭蕉が殺生石を訪れた頃から塩原温泉郷と並んで那須地域の顔となっている温泉地である。 現在は温泉街の手前付近に皇室が静養に訪れる那須御用邸があることで有名。 湯本温泉以外は小さな温泉で、広々とした那須岳斜面のあちこちに点在している。




那須湯本温泉 那須ビューホテル
那須高原のリゾートホテル。にごり湯の露天風呂が大人気!



那須湯本温泉 絶景 一望閣
那須高原の標高1,050mに位置する眺望の温泉旅館です



那須湯本温泉 若喜旅館
那須高原の四季折々の味わいを懐石料理で♪開放感のある前面ガラス張りの青石大浴場も好評!全10室のおもてなしの宿。


湯本温泉
九尾の狐伝説で有名な殺生石近くにある温泉街。 那須温泉郷で最も古く、温泉神社を中心に温泉街を形成している。

「湯本温泉」は他にも多数存在する。湯本温泉を参照のこと。

泉質
硫化水素泉等。
温泉街
那須温泉郷のシンボル的共同浴場『鹿の湯』がある。

歴史
開湯伝説によれば、鹿が温泉で傷を癒しているところを発見したとされ、共同浴場の名前にその由来が残る。

江戸時代は黒羽藩が管理し、また松尾芭蕉も奥の細道の途中で那須湯本温泉に宿泊している。

1858年に温泉街を流れる湯川左岸が氾濫して温泉街が壊滅し、現在の右岸高台側に移転した。


大丸温泉
那須ロープウェイ山麓駅の少し下に、数件の宿がある。 小川をせき止めた露天風呂『川の湯』が有名。明治時代の軍人乃木希典夫妻が良く訪れた宿がある。 那須御用邸に注ぐ湯の元湯はこの付近に湧いているとされる。


弁天温泉
大丸温泉と湯本温泉の間にある1軒宿。湯量も豊富。


北温泉
泉質
単純泉
弱食塩泉
鉄泉
湯量も豊富で、プールのように大きな露天風呂がある。

温泉地
余笹川の谷合深くひっそりと建っている一軒宿である。建物傍まで車では行くことができず、バス停から徒歩30分、県営の無料駐車場からも5分程深い谷と絶景を見ながら歩くことになる。木造3階建ての建物は江戸時代、明治時代、昭和の建物が渾然と一体となってとてもレトロな雰囲気を醸し出している。

歴史
江戸時代から続く湯治場である。


高雄温泉
かつては廃業した旅館跡地に野湯が存在した。 現在は別経営者によるホテルが営業しており無料で入れる野湯は消滅してしまったが、代わりに内湯等が整備され日帰り入浴ができるようになっている。


三斗小屋温泉
ロープウェー山頂駅から茶臼山を越えた向こう側にあり、歩きでしかたどり着けない。 旅館2軒。詳細は三斗小屋温泉を参照のこと。


板室温泉
他の温泉と少し離れた那珂川沿いにある温泉、那須塩原市にある。昭和46年3月23日に国民保養温泉地に指定されている。


周辺
那須岳の斜面はツツジの名所。特に湯本温泉から大丸温泉の間(弁天温泉周辺)は、初夏には一面真っ赤に染まるほどに咲き誇る。ツツジの群落の中に遊歩道があり、歩きながらゆっくり花を堪能できる。北温泉のから30分ほど旭岳側へ登った登山道沿いには白い花の咲くヤシオツツジの群落がある。ツツジと言えば普通樹高2〜3mの灌木だが、ここのヤシオツツジは幹の直径10cm以上樹高5m以上の大木が多い。「これはツツジだよ」と教えられても一瞬信じられない大きさである。


歴史
温泉郷で最も古い歴史を有するのは那須湯本温泉で、630年には既に温泉神社が創建されとされ、738年の正倉院文書にも『那須湯』という記述で登場している。江戸時代は『那須七湯』と呼ばれた。温泉郷と呼ばれるようになったのは、戦前の鉄道省が出版した『温泉案内』にて那須温泉郷と紹介されてからである。
ウィキペディアより

作並温泉★宮城

「にっぽんの温泉100選」

81 作並温泉 宮城



作並温泉 庭園露天風呂の宿 旅館岩泉
貸し切り家族・露天風呂が楽しめるバリアフリーの宿。春は山菜・秋は芋煮・キノコの手作り和風料理が好評。



作並温泉 ゆづくしの宿 
JR作並駅から快速電車毎送迎有り。東北自動車道・仙台宮城IC〜国道48号線山形方向へ27km。



温泉情報
所在地 宮城県仙台市青葉区作並
交通アクセス バス : 仙台市営バス仙台駅から作並温泉湯元ゆき。または特急48ライナー村山駅前、新庄駅前ゆき
鉄道 : JR仙山線作並駅下車。駅前(国道48号)から市営バス、または旅館・ホテルの送迎バス利用
泉質 単純温泉、硫酸塩泉

温泉街
広瀬川に沸いた温泉が元で、山に囲まれた南北に細い河岸段丘に旅館が点在している。温泉街を通る幹線道路は国道48号で、仙台市中心部と、山形方面に通じる。日帰り入浴施設は「都の湯」があり、岩盤浴も楽しめる。旅館組合が作成した温泉街散策ガイドである「作並温泉ぽかぽか湯めぐり歩き」には、温泉街周辺の名所を巡るコースが記載されている。また、ガイドに協力している旅館のスタンプを集めることで、一軒無料で日帰り入浴を楽しむことができる。


歴史
721年(養老5年)に行基が発見したとも、1189年(文治元年)に源頼朝が発見したともいうが、これらは一個の伝説にすぎない。しかし古くから地元の人に知られていたらしく、1760年(宝暦10年)の『奥州里諺集』、1761年(宝暦11年)の『奥州仙台領遠見記』に作並の湯のことが見える。湯渡戸という坂のそばに温泉があり、石などで囲って近在の者が入湯した。湯治客が来るような著明な温泉地ではなかった。

1796年(寛政8年)に、岩松喜惣治が仙台藩の許しを得て開湯に着手した。道路と設備を整えるのに8年を要したという。広瀬川の左岸(東岸)にある現在の鷹泉閣岩松旅館の前身である。これを古湯として、1855年(安政2年)に開かれたものを新湯という。出羽国村山郡猪沢の人秀治が、地元の石垣彦左衛門と奥山伊三郎と三人で開き、作並神湯と称したものである。古湯の北西対岸にあり、現在の神の湯作並ホテルの前身である。

大正時代まで作並温泉には二つの旅館だけがあったが、1878年(明治11年)にはその二つで年間2500人の入浴客があり、先発の秋保温泉(4軒、約1800人)を凌いでいた[1]。

1970年(昭和45年)には約30万人の入り込み客があり、1985年(昭和60年)に約61万人になったが、2001年(平成13年)には約43万人になった。以前は、「仙台の奥座敷」といえば、作並温泉のことを指していたが、秋保温泉がホテルの改築等の投資を積極的に行った結果、立場が逆転し、秋保温泉が「仙台の奥座敷」と呼ばれるようになった。

2004年に発生した温泉偽装問題では、温泉利用許可を受けていない旅館や、源泉の無断開発を行った旅館があったとして一連の騒動の中報道された。
ウィキペディアより


温泉旅館で疲れを癒そう。激安旅行に行きたい。みんなで温泉旅行にいきました。温泉で温まったら血行も良くなります。温泉でお肌つるつるになりましょう。温泉大好き!!!できれば安く温泉旅行に行きたいですね。温泉宿を紹介しています。

熱川温泉★静岡

「にっぽんの温泉100選」

82 熱川温泉 静岡

江戸城を築城したことでも有名な太田道灌ゆかりの温泉が、東伊豆を代表する温泉地、ここ熱川温泉郷。
いつ訪れても熱い湯けむりをあげる噴湯や櫓が、温泉地としての雰囲気を盛り上げています。
熱川温泉は、江戸城の築城で有名な太田道灌が、怪我をいやす猿の湯浴みを見て発見した湯が発祥と 伝えられ、熱川発展の功によって太田道灌の像も建立されています。



熱川温泉 熱川プリンスホテル
海一望!源泉溢れる彩り豊かな14種のお風呂の数々と貸切露天風呂



熱川温泉 国民宿舎 伊豆熱川荘
100℃の自噴泉を所有(庭)。駅より徒歩1分。


温泉情報
所在地 静岡県賀茂郡東伊豆町
交通アクセス アクセスの項を参照のこと
泉質 塩化物泉

温泉街
海沿いまで山が突き出た狭地に19軒の旅館ホテルが存在する。熱川の源泉温度はほぼ100℃であることから、源泉井の上部からは湯気が多く出ており、湯煙に包まれた温泉街の光景を形成している。

温泉熱を利用した熱川バナナワニ園が有名。

海岸沿いに露天風呂「高磯の湯」があり、夏場は併設されているプールも利用できる(通常600円、夏季はプール込みで700円)。
伊豆熱川駅前に温泉足湯「熱川湯の華ぱあーく」(無料)がある。
海岸沿いに温泉足湯「熱川ほっとぱあーく」(無料)がある。

観光スポット
熱川バナナワニ園 本園・ワニ園・分園と三つのエリアにわかれ、世界中のワニ、オオオニバスなどの熱帯植物、レッサーパンダなどの動物を見ることができる。
お湯かけ弁財天
熱川海水浴場「熱川YOU湯ビーチ」 東伊豆町唯一の砂浜の海水浴場。7月には花火大会も行われる。
熱川ハーブテラス

歴史
開湯伝説では、太田道灌が川底から温泉が湧いている場所で傷を癒している猿を見て、温泉を発見したという。
ウィキペディアより

温泉旅館で疲れを癒そう。激安旅行に行きたい。みんなで温泉旅行にいきました。温泉で温まったら血行も良くなります。温泉でお肌つるつるになりましょう。温泉大好き!!!できれば安く温泉旅行に行きたいですね。温泉宿を紹介しています。
スポンサードリンク
Copyright (C) 旅行★観光 温泉 ホテル・旅館 ガイド. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。