旅行★観光 温泉 ホテル・旅館 ガイドTOP ≫  日本の温泉100選

日本の温泉100選

スポンサードリンク

湯原温泉★岡山

「にっぽんの温泉100選」

99 湯原温泉 岡山



湯原温泉 八景
山あいのよさを感じて頂けるよう50種の野菜を使っての山里料理とそぼくなおもてなしです。



湯原温泉 森のホテル ロシュフォール
湯原温泉郷の小高い丘の上に佇むホテル。露天風呂、ジャグジー、サウナ完備。ホテル周辺に20棟のコテージが点在。


温泉情報
所在地 岡山県真庭市湯原温泉
泉質 単純温泉
湧出量 毎分6000L(推定)
液性の分類 アルカリ性
浸透圧の分類 低張性


温泉街
老舗旅館「油屋」。映画千と千尋の神隠しに登場する同名の旅館のモデルの一つにもなった。湯原ダムの下流、旭川沿いに温泉街が広がる。湯街を流れる旭川の河川域に3つの河川公園駐車場があり短時間なら無料で駐車できる。また管理人駐在の市営の駐車場もある。

湯街には共同露天風呂や日帰り入浴施設、貸切露天風呂、食堂などの飲食店や昔ながらの射的屋さん、独楽の博物館、ガラス工房、土産物店、温泉ミュージアム、はんざきセンターなどがある。また旅館ホテルの施設も日帰り利用者に開放されており「エステ」や「垢すり」等や「アンティーク・オルゴールの演奏」が聴ける喫茶などが日帰りでも利用できる。また温泉街のエコ活動や温泉環境を廃食用油を燃料に使用した英国製リムジンでガイドしてくれる「エコ・ツアー」も行われている。

湯原の地名は、「湯ノ原」または「湯ノ河原」から呼ばれるようになった程で湯街の中上流域の河原部分からは、どこでも湯が湧いている。現在、利用されている温泉はその一部だけでほとんどは未利用のまま川に流されている。

基本は湯治、保養、療養向けであるが、場所柄、山陰・山陽の行楽拠点としても重宝され、落ち着いた湯街の風情は観光地の売りのひとつである。

共同露天風呂「砂噴き湯:砂湯」
湯原温泉を代表する名所で湯原ダムの下にある巨大な共同露天風呂「砂噴き湯:砂湯」。川底から砂を噴きながら温泉が湧いていることから砂噴き湯(砂湯)の名称で呼ばれるようになった。足下噴出源泉露天風呂である。旅行作家の会代表の野口冬人が、日本温泉協会発行の「温泉」紙上に1977年(昭和52年)に発表した露天風呂番付において西の横綱とされる。川の中にあるお風呂ながら住民により管理され無料で開放されていることが横綱の評価となった。
この砂湯は湯原温泉の古代からのお風呂の様子を唯一残す物で市の文化財として指定されている。ここでの入浴は混浴である。またここでの入浴マナーは、昔から伝わる法度により定められているので利用者はそれに留意しなければならない。砂湯に向かう道の途中に大きな看板に描かれているので、そこで確認することができる。

共同露天風呂「下湯原温泉:ひまわり館」
砂湯が混浴でオープンな環境にある為、女性が入浴しづらい状態である。それを補う為、2q下流の下湯原温泉に男女別の有料で管理人なども配備された露天風呂が平成10年に設えられた。男女それぞれの浴槽は岩風呂で全体として砂湯よりも広い。駐車場もすぐ横にあり道の駅の様な施設も併設され食事や特産品の売店もある。またここにはペット専用(犬猫)の露天風呂もある。
宿泊施設・商店街・環境
ダムの下流域に宿泊施設が約20軒を連ねている。いずれも湯原町旅館協同組合や(社)湯原観光協会に加盟している。収容力は全体で約2000人程度である。商店も同じ地域に集積している。湯街には、岡山県の三大河川の一つ旭川とその支流の田羽根川が流れる自然豊かな環境にあり5月から8月にかけては河鹿蛙鳴き声が温泉街全域で聞こえる。また川の環境改善で始めたEDF(エコディーゼル燃料)事業の成果でホタルも増えつつある。
ウィキペディアより



宇久須温泉★静岡県

「にっぽんの温泉100選」

100位 宇久須温泉 静岡(うぐすおんせん)


宇久須温泉 西伊豆ホテルニュー岡部

雄大な駿河湾が目の前にある、豪華リゾートホテル。自慢の南欧風ロビーと伊豆半島随一の檜風呂。ご来館お待ちしております。


温泉情報
泉質:硫酸塩泉
効能:リウマチ、神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器、冷え性、疲労回復など

西伊豆の中央、土肥と堂ヶ島に挟まれた宇久須川下流の小さな平野部に湧く温泉。リュウマチや神経痛・関節痛などに効能があると言われている硫酸塩泉。2つの源泉を持ち、湧出量は毎分約360リットル。泉温約40度。夕陽のキレイな海岸線と山々に囲まれた閑寂な温泉地。夕陽で有名な黄金崎の海岸一帯のコレクションガーデンは四季折々の花々が楽しめる。新鮮な海の幸が味わえるのも魅力。


温泉に浸かって疲れを取りましょう。温泉で美肌になろう。温泉でポカポカに温まろう。温泉大好き。温泉旅行でリフレッシュしmしょ!!!



登別温泉★北海道

「にっぽんの温泉100選」

2 登別温泉 北海道



温泉情報
所在地 北海道登別市
交通アクセス 鉄道:JR北海道室蘭本線登別駅よりバスを利用
バス:道南バス・北海道中央バスバス停「登別温泉」下車
車:道央自動車道登別東IC
泉質 食塩泉・硫黄泉・重曹泉・酸性泉・明礬泉・緑礬泉・石膏泉 ・芒硝泉・鉄泉
湧出量 1万トン(1日)
宿泊施設数 14


数多くの温泉地を抱える日本有数の温泉天国・北海道。その代表が登別温泉です。
多種類の温泉が湧き出す日本有数の温泉郷として、質・人気ともに非常に高く、観光専門誌の調査で「日本一」にランクされたことも。

旅行代理店の担当者などを対象に、全国2,000以上の温泉地の中からサービスや観光客の受け入れ態勢、温泉の質など総合的に審査した結果、登別温泉は旅行のプロからもお墨付きを貰ったのです。 このように登別温泉の国内での人気はもちろんのこと、最近では台湾、香港、韓国などの海外から訪れる人も年々増加しています。
そのため温泉街でも外国の言葉や文化を学ぶなどして海外からのお客様のおもてなしにも力を入れています。 登別プロフィールより

温泉街
温泉街JR北海道登別駅の北北西に直線で約6km、クスリサンベツ川の谷に温泉街がある。駅前から北海道道2号洞爺湖登別線で通じる。湯が湧き出る地獄谷から、北の大湯沼に遊歩道が整備されている。

「地獄谷」は学問的に言えば爆裂火口の跡である。登別温泉最大の源泉エリアで、直径約450mのエリアに、15ほどの源泉の穴が密集している。11の泉質で、毎分3000リットルほどが湧き出しており、"温泉のデパート"とも形容される。観光用の歩道もあり、奇怪な光景を一周10〜15分で楽しめる。

温泉街から、東にある四方嶺(クマ山)にロープウェイが通じる。山上にはのぼりべつクマ牧場があり、東に倶多楽湖を見下ろす。

西に直線で約1kmの位置に「新登別温泉」が、北西に直線で約4kmの位置に「カルルス温泉」がある。 
ウィキペディアより

草津温泉★群馬県

「にっぽんの温泉100選」

1 草津温泉 群馬県

草津温泉(くさつおんせん)とは、群馬県吾妻郡草津町(旧国上野国)にある温泉のことである。正確には温泉のあるところが町になったというべきであろう。林羅山の日本三名泉に数えられる。江戸時代の温泉番付では当時の最高位である東大関にランクされ、名実ともに日本を代表する名泉の一つである。

北西部には、草津白根山(白根山(2,160m、湯釜)・本白根山(2,171m)・逢の峰(2,110m))が聳えている(上信越高原国立公園)。



温泉情報
所在地 群馬県吾妻郡草津町
交通アクセス 鉄道 - JR東日本吾妻線:長野原草津口駅
バス - JRバス関東:バス停「草津温泉駅」
車 - 関越自動車道:渋川伊香保IC
泉質 酸性泉、硫黄泉、アルミニウム
泉温 53.9 °C
湧出量 約27,000 L/分
(最大時36,000 L/分超)
pH 2.05
液性の分類 酸性
浸透圧の分類 低張性
宿泊施設数 171
総収容人員数 12,531 人/日
年間浴客数 約280万 人


日本三名泉の1つである草津温泉。
自然湧出量は日本一を誇り毎分32,300リットル以上、1日にドラム缶23万本分もの温泉が湧き出しています!
草津の旅館や温泉施設で「源泉かけ流し」ができるのはこのおかげ。”源泉の湯”を心ゆくまで堪能してください。
さらに驚くべきは、その泉質!日本有数の酸性度で、pH値はナント2.1(湯畑源泉)。雑菌などの消毒作用は抜群です。
草津温泉は古くからたくさんの人々の心と体を癒し続けてきた名湯です。  観光協会より引用


温泉街 [編集]
温泉地の中央に湯畑を中心とした古い風情の温泉街があり、それを取り巻くようにリゾート・ホテルやペンション、大滝の湯や西ノ河原公園やテルメテルメやベルツ温泉センターなどのスパ・温泉関連施設、草津音楽の森国際コンサートホールや草津熱帯圏などの諸施設が位置している。また草津白根山に面して草津国際スキー場がある。西の河原(にしのかわら)と言うのが正しく、ここを賽の河原(さいのかわら)と言う。地蔵の地区も賽の河原である。

町外れには、湯治に来て亡くなった無縁仏が多数ある。明治年間の墓石もあり、効能が広く世間に伝えられていたことが伺い知れる。

温泉を用いた医療施設として、群馬大学医学部附属病院草津分院があった(現在は閉院)。高血圧、喘息、リウマチなどの治療に温泉を使用している。

草津温泉の湯畑の木の樋を通して採取される湯の花は土産物としても有名である。プラスチックのねじ込みの円錐状容器に赤文字で「湯の花」と筆書体で印刷されたもので、単価1,500円程度で2~3ヶ月に一度に僅かな量しか出荷されず、すぐに売り切れてしまうために草津をよく知らぬ観光客は時期を逃すと実物を見るのでさえ困難である。1月末にはザスパ草津のメンバーと湯畑の湯ノ花を採取するイベントが毎年催されている。
ウィキペディアより

冬にはスキーも楽しめます。
初級から上級までたのしめますよ。


 
スポンサードリンク
Copyright (C) 旅行★観光 温泉 ホテル・旅館 ガイド. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。