北海道

スポンサードリンク

天人峡温泉★北海道

天人峡温泉

天人峡温泉(てんにんきょうおんせん)は、北海道上川支庁管内上川郡東川町・美瑛町にある温泉。柱状節理の深い渓谷の底に位置する旭川市の奥座敷で、大雪山国立公園の登山拠点のひとつにもなっている。羽衣の滝と敷島の滝が有名。

温泉情報
所在地 北海道上川郡東川町・美瑛町
交通アクセス 車 : 旭川市から1時間、旭川空港から45分
バス : 旭川駅前4番のりばより、旭川電気軌道の「いで湯号」に乗車
泉質 硫酸塩泉
泉温 47 - 50 °C




天人峡温泉 御やど しきしま荘
原始の森に囲まれた清流沿いの天然温泉宿。自慢の山・海の幸の料理と自然を満喫できる露天風呂で癒されにいらしてください




天人峡温泉 天人閣
豊富な湯量と泉質が自慢の源泉100%の温泉です。


温泉街
大雪山の西麓、天人峡地区に4軒のホテル、旅館が存在する。温泉街の近くには、日本の滝百選にも選ばれた落差270mの羽衣の滝が存在する。羽衣の滝の先には「東洋のナイアガラ」と称される幅広な敷島の滝が存在する。温泉街からは散策路が整備されている。沢登りをする人に有名な、「日本で最も美しい沢」とよばれるクヮウンナイ川(美瑛町内に属している)は温泉街のすぐ近くにある。また天人峡温泉の旅館や道路にまたがって流れる忠別川は正式には美瑛町と東川町との境界となっている。したがって橋を渡って川の対岸にある3軒の旅館は東川町、橋を渡らず道道天人峡美瑛線の起点付近にある1軒の旅館は美瑛町に属している。東川町と美瑛町との町界が定められて以来、今日に至るまでこのような形であり、北海道内でも珍しい形態の行政地域でもある。(美瑛町の郵便番号簿にも天人峡がある)

共同浴場などはなく、旅館の日帰り入浴を利用することになる。


歴史
天人峡温泉は1894年に忠別川での鉱物探索中に発見されました。1897年に発見者の名前を付けた松山温泉として開設。その後、1937年に現在の天人峡温泉の名前になりました。天人峡温は、大正時代から昭和初期に有名になり、大きく発展しました。発見当時の天人峡温泉は柱状節理にへばりついて露天風呂があり、その当時は小さな橋で川を渡って宿から通っていました。

開湯は明治33年松山多米蔵氏らアイヌの方々数名が鉱脈探検の際に発見された温泉である。かつては、発見者の名を取って「松山温泉」といった。
ウィキペディアより

羽衣の滝は、忠別川の支流アイシホップ沢川と双見沢川が合流する地点で絶壁を左曲右折七段に分かれて落水する飛瀑であり落差は270メートルで北海道第一位を誇ります。
  この滝は、明治34年頃発見され、夫婦滝とも言われていましたが、大正7年(1918年)文人大町桂月が、この優れた風光を「千丈の懸崖雲上に連なり、懸崖欠くる処飛泉を掛く、相看てただ誦す謫仙の句、疑ふらくは是れ銀河の九天より落つるかと」激賞し、羽衣の滝と命名したと言われています。
  昭和29年9月6日に北海道名勝特別天然記念物に指定され、平成2年(1990年)4月には「日本の滝百選」のひとつに選ばれています。

ダイエット





| 北海道 |

旭岳温泉★北海道

旭岳温泉


旭岳温泉(あさひだけおんせん)は大雪山の主峰である旭岳の麓、北海道上川支庁管内上川郡東川町(旧蝦夷地、明治以降の旧石狩国)にある温泉。大雪山の表玄関となっていて、夏季は多くの観光客と登山客で賑わう。特に高山植物の開花のシーズンと紅葉のシーズンは大変混雑する。冬季は、スキーの合宿地として人気がある。


温泉情報
所在地 北海道上川郡東川町
交通アクセス 旭川駅前4番のりばより、旭川電気軌道「いで湯号」に乗車
泉質 カルシウム・マグネシウム・ナトリウム硫酸塩泉
泉温 47~51 °C




旭岳温泉 グランドホテル 大雪
主峰旭岳は北海道の最高峰です。四季折々の美しい手つかずの雄大な大自然を見ながら入る、天然温泉は心身共に疲れを癒します。




旭岳万世閣ホテルベアモンテ
大雪山国立公園旭岳の標高1100m地点に位置する、ヨーロピアンテイスト漂う山岳リゾートホテルです。



雄大な大雪山の西側にあり、以前は湧駒別(ゆこまんべつ)温泉と呼ばれていた。大雪山系の反対側(東側)にある層雲峡温泉は全国的に有名な温泉街であるが、旭岳側は静かでゆったりとした温泉街となっており、ホテル・民宿・ユースホステル等がロープウェー駅まで道道に沿って十軒前後存在するが、国立公園内でもあり歓楽色はない。宿によっては部屋の窓から旭岳が望めるところもある。

旭岳温泉は裏庭にミズバショウが咲くような高原にあるが、少し登るともっと楽しい。旭岳温泉からロープウェイで登った姿見の池近辺は、気候的には本州の日本アルプスあたりでは2500m以上の高原に相当する。この周辺は日本最大の高山植物の花畑が広がっている。山登りのつらい思いをせずに高原を楽しく散歩できる稀有のポイントである。しかし一旦天気が悪くなると夏でもストーブが必要な所であるため、雨具は必携。また冬は、ロープウェーで登った先の姿見駅から下へ滑り降りるスキーコースがある。圧雪はしているがスキー場ではないためパトロールはいない。

旭岳温泉から天人峡温泉へ抜ける登山道もある。
ウィキペディアより

ダイエット

| 北海道 |

層雲峡温泉★北海道

層雲峡温泉

層雲峡温泉(そううんきょうおんせん)は、北海道上川支庁管内上川郡上川町の層雲峡地区にある温泉で、北海道有数の規模を誇る温泉街を形成している。近年、温泉街の中心部はカナダの山岳リゾートを模した「キャニオンモール」として整備され、他の一般的な温泉街とは異なり欧米風な雰囲気を醸しだしている。


温泉情報
所在地 北海道上川郡上川町
交通アクセス JR北海道石北本線上川駅より道北バス(道北バス停留所)で約30分
泉質 単純温泉・硫黄泉
液性の分類 中性
浸透圧の分類 低張性




層雲峡温泉 ホテル大雪
一番の高台に位置するホテルならではの眺めは雄大。




層雲峡温泉 マウントビューホテル
石狩川の清流沿いにある白い壁の三角屋根のホテルです。




層雲峡 朝陽亭
層雲峡の大自然に囲まれた温泉宿。最上階空中大湯殿からは大雪山系を一望。日本の風情溢れる温泉宿でゆったりとおくつろぎを。



歴史
幕末期に和人として初めて大雪山系を探索した松田市太郎(江戸幕府石狩役場勤務の足軽)や松浦武四郎らによって温泉が発見された。1900年には塩谷水次郎が温泉を発見して塩谷温泉と名づけられた。1913年には国沢喜右衛門が温泉を発見し、国沢温泉と名づけられた。数軒の温泉宿が営業し、明治・大正期の歌人・大町桂月が大正年間に訪れている。近代的な温泉地としての開湯は1950年代に入ってからであり、温泉名も層雲峡と変更された。温泉地としてだけでなく、スキーリゾートとしても繁栄していった。
ウィキペディアより

銀河の滝・流星の滝
石狩川沿いに延々24kmにわたって続く断崖絶壁。この崖を流れ落ちるいくつかの滝の中でも、もっとも美しいふたつの滝があります。

細く繊細な白糸のように優美な姿で流れ落ちる「銀河の滝」、太い1本の滝となって力強く流れ落ちる「流星の滝」。日本の滝百選にも入っている名瀑を、 駐車場から間近に見る迫力ある姿は圧巻です。

滝を背に20分ほど斜面を登ると、「双瀑台」の展望台へ。
別名女滝・男滝とも呼ばれる、2本の滝が絶壁・不動岩の左右を流れ落ちる姿を同時に見ることができます。

と観光協会のパンフレットに書いてありました。
ぜひ1度行きたいです。

ダイエット

| 北海道 |

豊富温泉★北海道

豊富温泉

豊富温泉(とよとみおんせん)は北海道宗谷支庁管内天塩郡豊富町にある温泉。

温泉情報
所在地 北海道宗谷支庁管内天塩郡豊富町
交通アクセス 鉄道-JR北海道宗谷本線豊富駅
バス-沿岸バス豊富留萌線で約10分
泉質 ナトリウム塩化物泉
泉温 41~42 °C




豊富温泉ニューホテル サロベツ
個人差もありますが、アトピー等に効くと言われております。露天風呂完成!!




豊富温泉 ホテル 豊富
日本最北の温泉郷にある閑静なホテル。国立公園利尻礼文サロベツを周遊するコースの宿泊基地としても好適。



皮膚病への効能
古くから火傷に効くとされてきたが、近年では乾癬やアトピー性皮膚炎などに効能があることが話題となり、全国から湯治客や観光客が訪れるようになった。1999年には町営の保養宿泊所「湯快宿(ゆかいじゅく)」が設置され、長期滞在型の湯治も可能となっている。また、豊富温泉の濃縮水の販売もされている。

※注:豊富温泉の効能は万人にその効果を保証するものではない。皮膚病に対する効能があるとされているが、医学的には解明されていない部分も多いため過信は禁物である。


温泉街
豊富市街からの温泉街入口。バス停留所前から。
町営の日帰り入浴施設「ふれあいセンター」豊富町の中心部から東方約6kmに位置する。温泉街には10軒ほどの宿泊施設や商店があり、またスキー場や町営の日帰り入浴施設などのレジャー施設も備えられ、年間25万人が訪れる最北の温泉街として親しまれている。


歴史
1926年(大正15年) - 石油を試掘している最中、天然ガスとともに温泉が湧き出た。
ウィキペディアより

サロベツ原野
国立公園として保護されているサロベツ原野。北国特有の植物に出会うことができます。総面積23000ヘクタールの原野には、コモチカナヘビといった貴重な動物も生息してます。

稚咲内海岸・原始砂丘林
稚咲内海岸からの夕刻の眺め。絶景です。
海岸線のオロロンラインは道路が一直線に延び、美しい景色をみながら走れる最高のドライブコース。


ダイエット



| 北海道 |
スポンサードリンク
Copyright (C) 旅行★観光 温泉 ホテル・旅館 ガイド. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。